新着情報
1月27日(木)  明日の入学予定者説明会の会場準備が、生徒の皆さんにも手伝ってもらい、班活動の時間が終了後に行いました。1年生の皆さんにとってみると、ちょうど一年前の出来事。感染対策を取り、会場を分散して説明者である私たちが移動する方法で実施したことを思い出しました。今年は、いよいよ参集で行います。同じ場所に集まることで、入学予定者の皆さんや同士が、少し交流できると良いですね。仲間の様子を知り、少し安心してもらえたら、と思っています。明日、よろしくお願いします。   
1月26日(木) 【M先生に授業の様子を紹介して頂きました】2年生の国語の授業を見学させてもらいました。まず始業前、「2分前なので授業の準備をしてください。」という学級長の声がけを聞いて、チャイム前に全員が着席して準備が整っているという場面に出会いました。学級で話し合って取り組んでいるそうです。授業が始まるとまず「漢字テスト」。出題漢字の難しさにも驚きましたが、テスト後に間違えた漢字をGMLノートに書き出している自主的な姿が素晴らしいなと思いました。 本時は「走れメロス」について、登場人物の描かれ方・変化を比べて「対比」の構図を探っていく授業でした。前時に一人一人調べた内容をグループで共有する場面では、「暴君」という言葉について、Yさん「話の流れから、王様?」Tさん「君って王様につくんじゃない?」Uさん「え、暴れん坊ってことじゃないの?」といった話し合いから、クロムブックで検索をし「君主」という言葉を導き出して「やっぱり」と言葉の意味を納得する場面がありました。その後Uさんは、「暴君なんだけど・・・暴れん坊ではなくて・・何か私の言いたいこと伝わる?」、Yさん「分かるよ。人思いのところもある。」...
〇1月25日(水) 今朝は朝から先生方や早く登校した生徒の皆さんによって、除雪作業をして頂きました。雪かきをしている姿を見て、次々へと生徒の皆さんが手伝いに出てきてくれました。授業では、オンラインで授業の様子をつないでいる学級がほとんどで、時々端末に向かって話しかけたり、相談したりしている皆さんの温かい表情をいっぱい見ることができました。私も端末越しに声をかけたり、雪の様子を尋ねたりすると、元気そうな声やチャットが返ってきて、ホッとしました。本日は水曜で清掃がない日。SHRでスムーズに給油ができるように、先生方が灯油を近くまで運んでくれていました。また、下校時に帰りやすいように、6時間目に雪かきをしてくれている先生方もいました。雪が一日中降っていて、寒い一日でしたが、大勢のみなさんのあったかさに触れることができた一日でした。どこかで恩返ししないと…。   
〇1月24日(火)  家庭科の調理実習で腸詰のソーセージを作った3年生のみなさん。協力して調理している姿に、心が温かくなりました。お昼休みには、長野県選抜に選ばれプレーをしたハンドボール班のKRさん、TNさん、MSさん、IMさんの4名に認定証が届きました。副校長室では穏やか笑顔でしたが、プレー中の勇ましい姿を思い出すと今でも元気が湧いてきます。引き続き、頑張ってくださいね。放課後には、「みんなの夢AWARD13」のファイナリストになったIMさんが、現在取り組んでいる「和精油」についてプレゼンを披露してくれました。ファイナリスト自体が素晴らしいことですが、プレゼンや企画力、行動力も素晴らしかった!本番に向けて頑張ってくださいね。 最後は、生徒会役員の初顔合わせ。いよいよ動き出しますね。新生徒会長のMKさんの心を合わせ、力を合わせる必要性、顧問のM先生の「心得」を聞く役員の姿は、とても凛々しく、「これは安心して任せられるな」と確信しました。プラスアルファの仕事になるので、大変ですが、大変さを分けて小さくし、挑戦を、失敗を恐れないで頑張ってほしいと願っています。そう、Be the first penguin!でいこう! 最後の写真はお昼休み...
〇1月23日(月) 明日24日から25日(水)にかけて今季最強の寒波が来るそうです。校内では、そんな寒波には負けず、力強く頑張っています。総合文化発表会に向けて、どの学年も歌声が日に日に大きく、そしてハーモニーが際立ってきています。1年生の練習の様子を見に行くと、伴奏のYSさんや指揮のYMさんも歌と一緒に頑張っていました。合唱は歌だけじゃないですもんね。指揮と伴奏と各パートの歌声がベストマッチに向けて頑張ってください。 そして、1月21日(金)に、「BCN IT ジュニア U-16 賞」の表彰があり、MKiさんが表彰されました。この賞は各地で開催されている 15~16 歳以下を対象とする「U-15/U-16 プログラミングコンテスト」の優勝者が表彰されます。全国で15名のみが表彰されました。おめでとうございます。     
〇1月21日(土)  オーストラリア語学研修のオリエンテーション2がありました。ISAのNさんの説明を聞くと、私まで10日間ちゃんとできるのかドキドキしてきました。文化の違い、生活の違いを十分に味わってこれそうですね。アイコンタクトが大切であるとか、寝る前の「Thank you!」が効果的だとか、シャワーは短くとか、せっかくですのでオーストラリアの良さをしっかりと感じ取って、一回り成長して来てほしいと願いながら、オリエンテーションに参加しました。さぁ今日から、お風呂の時間は、5分で。      
〇1月20日(金)  県スキー大会に出場したUTさんが大会の報告に来てくれました。全国大会出場に向け、まだあきらめていないとても良い表情をしていました。戸隠での大会に向けて、まだまだ応援していますよ。アンコン北信に出場し、銅賞を頂いた管打5重奏のみなさんは、悔しい思いをにじませていました。それも貴重な経験ですね。うまくいかなかったことを経験した数だけ、きっと強くなれる。今回もその一つ。一段上の自分を獲得したと思います。そして28日に個人アンコンに出場する4名にエールを贈りました。音源審査を突破しましたので、今度はリアルな音の響きを飯田のホールで響かせて来てください。   
〇1月19日(木) 3年のUTさん、志賀高原で行われた長野県中学校スキー大会に出場しました。昨年度より順位が大幅に上がり本当によく頑張ったと思います。SLとGS、きっとかなりのスピードが出ているのでしょう。一気に斜面を滑り降りるには、それ相当の強靭な筋肉が必要ですので、これまでの努力は並々ならぬものだったと思います。頑張りましたね。 さあ今日の授業は、実際にやってみる、実際にできないことはシミュレーションしてみる、がキーワードの授業で興味深い授業でした。真ん中の写真(理科)では、Iさんが一生懸命説明します。「この位置から見ると、頭を傾けて考えると・・・」と説明をはじめると、みんなも頭を右に傾けて考えていました。「やってみる」ことでわかることは大きく、実感を伴うために記憶に残りやすいですよね。数学の立体図形でも、触れたからこそわかることをいくつも見つけることができました。   
〇1月18日(水) 本日も総合文化発表会に向けての準備が全学年で見られました。3年生は卒業研究の大詰めとして、研究をまとめた卒業論文を担当の先生と確認していました。1年生は、各パートの音取りが進み、いよいよ全パートでの合わせ練習がスタートしていました。そして、2年生。今年1年間の総合的な学習の時間・科学リテラシーの学習の成果をまとめたポスターを使って学年内発表会を実施していました。1年前と比べて、「仮説」をきちんと立てて研究が進められており、1年からの学習の積み重ねが表れていたように感じました。そして、何よりも印象的だったのが「聴く」姿勢です。優しい表情で発表を聞く姿・一生懸命にメモをとる姿・ポスターを覗き込む姿。一体何がこのような姿の原動力になっているのでしょうか。もちろん各自が興味深いテーマ設定をして研究してきたことが一番に挙げられるかと思いますが、友だちを大切にしようとする気持ちもこれらの原動力の一つではないかなと思わせてくれるような素敵な雰囲気でした。2月22日(水)の総合文化発表会に向けて、一日一日楽しみが増してきます。        
〇1月17日(火) 総合文化発表会に向けて、SHRなどの時間に歌声が聞こえ始めました。少ない時間を有効に使って各学年練習が進んでいます。あんずホールでの発表に向けて、頑張ってくださいね。今日気付いたことは、2年生の声が力強いしっかりとした声で聞こえようになったこと。音程の心配なところは、音源に耳を近付けながらなんとか音を取ろうとしている姿を見て、思わず応援したくなりました!一生懸命って、いいよね。   
〇1月16日(月) 統計グラフコンクールの表彰をしました。14名のみなさんに賞状が届きました。先に受賞した2名を合わせて、16名の皆さんが入賞しました。おめでとうございます。そして、昇降口には、優勝カップがもう一つ増えました。ハンド班男子が、中学校選抜ハンドボール大会で優勝しました!全国大会は氷見。確か、数人が氷見の中学校を北陸研修旅行の時に訪問した気が…。大会でまた会えるとよいですね。今日の6校時は、生徒会。少し雪が舞っていましたが、中庭では環境委員のみなさんが、チューリップの球根を植えてくれました。寒い中本当にありがとうございました。みなさんの愛情によって、春にはきれいなチューリップがきっと咲いてくれますよ。      
〇1月15日(日) 第48回長野県アンサンブルコンテスト北信ブロック大会がホクト文化ホールで開催されました。本校からは、管打5重奏の5名(SHさん、KMさん、KYさん、MNさん、HSさん)が出場しました。ホクトの大ホールに5人で立つと考えただけでも緊張してしまいますが、今回も5人の演奏から、元気を頂きました。希望と、夢と、そして未来を自分たちなりの素晴らしい表現ができたと思います。朝、放課後の練習本当によく頑張りましたね。  やはり上位大会ともなると、どのグループも圧巻のステージでした。こういった場に身を置き、実際に目の当たりにすることで、次なる目標が見えますね。来春に向けて頑張ってくださいね。(会場では、行き会えず、皆さんの写真がなくすみません。)   
〇1月14日(土) 第15回東信A地区小中学校 ボーカルアンサンブルフェスティバルが上田市文化センターで行われ、合唱班のみなさんが参加しました。今回は、保護者のみなさんの鑑賞が可能となり本当によかったと思います。マスク着用のままの合唱で、8人の表情は直接は見えませんでしたが、歌っている姿からしっかりと伝わって来ましたよ。時々手をマスクにやってずれを直したり、呼吸しやすくしたりしているのでしょうか、マスクで歌いにくい中、よく頑張りました。合唱班の歌声、歌う姿にはなぜか引き寄せられる不思議な力を感じます。今日も、「棗のうた」の世界観に引き込まれました。棗を食べる、そして棗が減る…。不思議な歌詞が合唱班のみなさんによって命が吹き込まれ、きれいなハーモニーとともに聴いている私たちの心に届く…。数分間の素敵な時を演出していただきました。「フレッシュテイスト賞」を頂いたと、顧問のKM先生から連絡を頂きました。おめでとうございます!   
〇1月12日(木) 6校時、1年の教室では社会科で「北海道ツアーをプレゼンしよう」という授業で、生徒の皆さんがまるで旅行業者の方みたいに説明していました。思わず私もしばらくその教室でプレゼンを見入ってしまいました。素晴らしいプレゼンでした。役割分担、時間配分、スライドの工夫等、事前の学習を本当によく頑張りましたね。限られた時間の中で、グループでよく相談して準備をしてきた跡がうかがえました。発表者も聞いている人たちも生き生きした表情でした。そういえば少し前に、1年生のTYさんが、「社会の授業が面白すぎるっ!」と本当に嬉しそうに話をしてくれたことを思いだしました。他の班の発表も聞きたくなるような授業って、きっと55分間も短く感じるのでしょうね。   
〇1月11日(水) 第72回社会を明るくする運動長野県作文コンテストに出品した6名の皆さん(MMさん、HHさん、IRさん、MSさん、SKさん、SRさん)に記念となる参加賞を頂きました。MMさんとHHさんは、県推薦作品に選ばれました。頑張りましたね。保護司のKさんが直接お見えになり、「質の高い作文を数多く出品して頂きありがとうございました」とお褒めの言葉も頂きました。  水曜日の6時間目は、どのクラスも道徳の授業。自分のもっている道徳的価値と、他の人がもっている道徳的価値をどの学級でもすり合わせる授業が展開されていました。Oh先生が生徒の考えをメモを取りながら机間指導し、その後の授業に生かしてる場面と、A先生が対立構図となっているときに中間的な考えの生徒を見事に位置付けている場面、そしてOd先生が終末フォームでの振り返りを取り上げ、全体に紹介している場面がとても印象的でした。生徒と一緒になって授業をつくろうとする先生方の心を感じ取ることができました。道徳の授業は、先生や生徒のみなさんの心に触れることができるので、見るのがとても楽しみです。   
〇1月10日(火) 吹奏楽班、頑張りました。金賞一つ、銀賞二つ獲得しました。金賞の管打五重奏は、15日の北信地区大会への出場権を獲得しました。おめでとうございます。それぞれのグループで身に付けたスキルをさらに磨き、今度は来年度の吹奏楽コンクールを目指して全員で頑張ってくださいね。     お昼には、百人一首の表彰を行いました。プロジェクトのみなさん、最後まで丁寧に頑張ってくれました。ありがとうございました。     
〇1月9日(月) 第48回長野県アンサンブルコンテスト北信B南地区大会があんずホールで行われました。本校吹奏楽班から3つのグループが出場しました。管弦三重奏では、OKさん、MMaさん、MMeさんの3人が「緋色の輪舞」を演奏しました。和のテイストを感じる曲で、難しい拍のように感じましたが、見事にそろっていて、音色がとても心地よかったです。こんなにも和の雰囲気が出せるんだなぁと感心してしまいました。また、礼の仕方がとてもきれいでしたよ。木管三重奏では、SMさん、SKさん、YKさんの3人が「駅猫diary」を演奏しました。ソロで演奏しているところに、だんだんと他の音が重なって厚みを増していくところが素敵でした。ロングトーンのきれいなハーモニーと、対照的な高速な指使い、素晴らしかったです。管打五重奏では、SHさん、KMさん、KYさん、MNさん、HSさんの5人が「金管四重奏のための『希望、夢、未来』」を演奏しました。大小、強弱、速さの変化、力強さと柔らかさ、厳しさと温かさ等など、音を通して様々な対照表現を感じることができました。5人の体の揺れによって自然と演奏に引き込まれました。タイトル通り、希望と夢と未来が見えましたよ。...
〇1月6日(金) 後期後半の初日を迎えました。1校時は、新年中学生集会で1年のTMさん、2年のMKさん、3年のMMさんが代表で話をしてくれました。3か月後に学年がひとつ上がることに対する不安や、願いや、決意をそれぞれの言葉で、その心根を伝えてくれました。人前で発表するだけでも勇気のいることなのに、さらに心根をも言葉にしてくれた姿はとてもかっこよく映りました!自分の力を内から外へ表現した姿でした。 私からは、10周年記念式典での生徒会宣言からお話をさせていただきました。「しっかり自分のために一歩を踏み出してほしい」という願いと、「仲間を認め、支えることができるように、ちょっとしたことに目を向け、気持ちを向け、っして動いてほしい」という願いを伝えました。卯のごとく、大きく飛躍できますように! 2校時には、全校百人一首大会を行いました。2学年のプロジェクトチームがこの会を企画し、運営してくれました。急な企画でしたが、多くの生徒の協力で1時間、全校で楽しむことができました。プロジェクトチームのみなさん、輝いてましたよ。やってみよう!と名乗りを上げて企画運営にかかわってくれたことが本当に素晴らしか...
〇1月6日(木) 年末年始休業最終日。校舎に「こんにちは」「ありがとうございます」とあいさつ練習の大きな声が響き渡ります。吹奏楽班の皆さんが練習のはじめに取り入れているようです。顧問のK先生に尋ねると、「吹奏楽班は表現をする班なので・・・」。おっしゃる通りですね。内から外へ発信する大切さがきっと鍛えられて、演奏にもつながりそうですね。体育館で練習しているハンド班をのぞいてみると、男子も女子も気合の入った練習が行われています。男子からは、年末の大会の報告を受けました。強いチームが集まった大会で「負けなかった」ことは大いに収穫。ひと冬越えた春が楽しみです。 いよいよ明日、後期後半がはじまります。教室を見て回ると、生徒の皆さんを迎える準備をしていたKA先生とAS先生と行き会いました。迎え入れる準備ばっちり。どの教室も、どの先生も、明日、生徒の皆さんが元気に登校してくるのを楽しみにしています!