長野県屋代高等学校
長野県屋代高等学校
   附属中学校

〒387-8501
長野県千曲市
屋代1000
 

ポータルサイトTOP > SSH> 中学活動 
科学リテラシーや総合的な学習等
12345
2021/02/10

学びフォーラム 終了証伝達

| by HP担当
県教委主催の学びフォーラムでプレゼン発表した1年生に終了証が伝達されました。


↓前回紹介したページはこちら
http://yashiro.jpn.org/jolsgkpze-76/#_76

↓プレゼンをPDFにしたものです。本人撮影の写真が満載。(3分割しています)
学びフォーラム 屋代附属中学校 (1).pdf
学びフォーラム 屋代附属中学校 (2).pdf
学びフォーラム 屋代附属中学校 (3).pdf

これからも探究し続けていってください!
08:20 | 1学年 学習活動
2021/02/01

SSH運営委員会が開かれました

| by HP担当
1月27日に本年度第2回のSSH運営委員会が開かれました。

高校生の探究活動の発表。


↓5期生の先輩も


SSHの運営について話し合った後、授業参観。
↓高校1年の化学

↓中学は、3年生の卒業研究に向けた科学リテラシーの授業を参観。

クロムブックに向かってまとめたり、友達と情報交換したりしていました。

学校として、探究活動をより盛り上げていきたいですね。
08:20
2021/01/12

LUCASとブラックホールについて調べました

| by HP担当
令和2年の11月、12月には、天文関係のニュースが多くありました。

そのなかで、2年生の生徒が、「LUCAS 光衛星間通信しすてむの運用開始記念」として、調べ、まとめたスライドを紹介します。
20201214 LUCAS.mp4

こういうシステムがあることと、直接でなく宇宙空間を中継して通信するという発想がすごいと、語ってくれました。

また、ブラックホールのニュースを見て、調べてまとめてもみました。
20201221ブラックホール.mp4

科学の甲子園ジュニア大会でコマを作っていて、
同じような力が働いているのではないかと仮説を導き出しました。

宇宙のことと身近なことを結び付ける発想がまさにすごいですね。
↓作成した生徒

08:20 | 2学年 学習活動
2020/12/26

星のロマン~木星と土星の接近を捉えろ~

| by SSH事務局
 12月23日(木)18:00から屋代高校OBの方を講師の先生にお呼びして本校の望遠鏡から木星と土星の観察を行いました。本校の科学班や前回のふれあい天文学を聞いて星について興味をもった3年生が20人ほど集まりました。当日はすっきりと晴れた夜空で肉眼でも観察できました。望遠鏡の不具合もあり木星と土星のアップ画は見ることはできませんでしたが、月の表面や火星の観察を行うことができました。話によれば、木星の公転周期は12年なので、木星は1年で軌道上を30度動き、公転周期が30年の土星は1年で12度動くそうです。すると1年の間に両惑星の間隔は18度ずつ開いていくことになり、20年の周期になるそうです。今回の場合は木星と土星の軌道が見かけ上交わる点の付近での接近なので超大接近となります。約0.1度間隔まで近づくのは、前回は約397年前だそうです。次回は約60年後まで起こりません。きっと年を重ねて土星と木星の大接近を眺める度に、空を見上げた時に中3の頃にタイムスリップした感覚になるのではないでしょうか。生徒からは「空は澄んでいて、星は輝き、冷たい空気が少し気持ちよかった」や「なかなか経験できないのでとてもよかった」等の声が聞かれました。貴重な体験になったようです。講師の先生には感謝です。


07:52
2020/12/26

放射線の基本 ~霧箱観察・身の回りの放射線測定~

| by SSH事務局

129日()に放射線の基本として、信州大学基盤研究支援センター 助教 廣田 昌大先生

 からご講義いただきました。 

 前半の講義は、原子の構造からα線、γ線などの話からは始まり、半減期の話など基本的な内容の講義でしたが、中学3年生は、イオンの内容のところで原子の構造に触れているため、理解しやすかったようです。実用化の話は、日常生活の中にある放射線について、スライドで分かりやすく 講義していただきました。

  後半の実習は、4人組で霧箱実験を行いました。教育課程で放射線の内容があるもの霧箱が用意できる学校は見たことがないので、貴重な経験でした。中心にトリウムを設置し、観察するものでしたが初めて観察する生徒でも容易に観ることができました。その後は「はかる君」を用いて、外のいろいろな場所で放射線量を測定しましたが、数値化することでより実感が湧きました。通り測定した後、校舎内の測定も行いました。実習があった分、 意欲も高まり、生徒にとって大変有意義な時間となりました。

く生徒の感想>

・放射線のイメージは、怖い物であった。しかし そうではなく使い方や逆に有能な物であることを知れてよかった。

 ・測定すると実感が湧き、放射線が可視できたことに驚いたし、こんなにも放射線が身近なものだとは知らなかった。


07:32
2020/12/18

ナンバープレートの秘密

| by HP担当
ナンバープレートについて調べ、まとめた1年生がいます。

↓3回のシリーズをもつ1年生


1ナンバーと8ナンバーの車を多く見て、
「これは調べがいがあるな」と感じ、調査開始。
調べていくと、
「奥が深い。大長編のプレゼンに取り組みたい」
と感じ、3部作としたそうです。
みんなに楽しんでほしいと願って、クイズ形式も採用。
楽しみながらナンバーについて考えられるまとめとなりました。

今後はテーマの範囲を広げて、さらに探究活動を進めていきたいとのこと。
期待しています。

↓3部作はこちら
第1弾 ナンバープレートの秘密.mp4
第2弾 ご当地ナンバー.mp4
第3弾 ナンバープレートの今と昔.mp4
08:30 | 1学年 学習活動
2020/12/10

冬鳥がいっぱい

| by HP担当
身の回りで見られた冬鳥についてまとめた3年生を紹介します。

20201124散歩中にいた冬鳥.pdf

20201130冬鳥がいっぱい.pdf

小学校の高学年のころから鳥に興味を持ち、
写真に撮ったり、生態を調べたりしているとのこと。
祖父母のお宅のそばの千曲川にはたくさんの鳥が来るそうです。

チョコチョコと動いたりするのがすごくかわいいのが魅力。
巣を見るといろいろな事に気付くことも面白いそうです。

探究の目を、心を、これからも持ち続けていってください。

↓作成した生徒

08:20 | 3学年 学習活動
2020/12/08

ニホニウムの作り方

| by HP担当
4年前に、名前が正式決定された「ニホニウム」。
理科の授業の課題から興味をもち、調べ、まとめた2年生。

理論上は、「そこらへんにある物質でも作れる」とのこと。
ただし、三万年かかるし、お金もかかる、とのこと。
20201204ニホニウムの作り方.pdf

たしかに、発見した研究チームも、9年間の実験期間、400兆回ぶつけて、合成がうまくいったのは3回だったそうです。

科学者の発見や取り組みを、自分の身の回りにひきつけて、調べたりまとめたりし、創造的に学んでいます。

↓作成した生徒

08:20 | 2学年 学習活動
2020/12/05

長野県に世界遺産を

| by HP担当
千曲市活性化プロジェクトに取り組んでいる2年生。
「世界遺産」を視点に、長野県に世界遺産を!ということで、考えをまとめました。

20201205長野県に世界遺産を.mp4

千曲市にも、長野県にも、世界遺産のようなスポットを誕生させ、
一回来たらいい、という場所でなく、リピートしたいと思うような場所にしていくことが大事だと言います。
また今後、さらに具体的に考えていきます。

↓作成した生徒

08:00 | 2学年 学習活動
2020/12/04

国立天文台 ~何万光年も離れた星を見る~

| by SSH事務局

11月30日(月)の6時間目、国立天文台野辺山宇宙観測所から講師の衣笠健三先生をお招きし、観測所や天文に関するお話をお聞きしました。
 私たちの身のまわりにあるものは、観察をして調べることができますが、宇宙に関してはそれができません。何千光年も離れた星の光が見える、光学望遠鏡や電波望遠鏡を使えば、何万光年も離れた星が見える。

 野辺山という場所は、よく晴れてカラッとした気候と周りが山に囲まれていて、都会からの電波を遮る環境として最適。天体からの電波はとても弱く、大気中の水蒸気に吸収され更に弱められてしまいます。観測には、標高が高く水蒸気の少ないところ、人工の電波が少ないところが適しています。だから野辺山に観測所がつくられたんですね。私たちの住む場所のすぐ近くにそのような施設があることは幸せなことです。行って見学してみると、また違った世界観が生まれるかもしれません。

 現在、私たちの生活はかなり便利になっています。その反面、スマートフォンや車の衝突防止レーダーなどが出す電波は、観測の邪魔にもなります。それぞれが必要な電波を棲み分け、科学と産業の両立を図っていくことが必要なんだそうです。まさに現在及びこれから将来に向けての課題と言えます。
   


15:21
12345
Copyright(c) 2015 YASHIRO High School / YASHIRO High School Jr. All Rights Reserved.